社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)の書き方・文例・テンプレート

「社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)」の書式

「社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)」の書き方

このページは、NPO法人の主たる事務所の移転登記申請手続きに必要な
「社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。


【 書 式 フォーマット 】
社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)
(NPO法人の主たる事務所の移転登記)

旧主たる事務所所在地の登記所への登記申請書(添付書類含む)と新主たる事務所所在地の登記所への登記申請書(添付書類含む)は、同時に旧主たる事務所所在地の登記所に提出します。(新主たる事務所における印鑑届も必要になります。)


社員総会議事録

1.開催日時 平成○○年○○月○○日 午前○○時○○分
1.開催場所 当法人事務所(○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号)
1.総社員数 ○○名
1.出席した社員数 ○○名
  (内訳 本人出席○名 表決委任者○名 書面表決者○名)

1.議長選任の経過

定刻に至り司会者○○○○は開会を宣し、本日の社員総会は定款所定数を満たしたので有効に成立した旨を告げ、議長の選任方法を諮ったところ、満場一致をもって○○○○が議長に選任された。議長○○○○は挨拶の後議案の審議に入った。

1.議事の経過の要領及び議案別決議の結果

議案 定款変更の件

議長は、この法人の主たる事務所を移転するために、定款第2条(事務所)を次のとおり変更したい旨を述べ、その理由を説明し、この賛否を議場に諮ったところ満場一致をもって異議なく可決決定した。

(事務所)
第2条
 この法人は、主たる事務所を○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号に置く。

1.議事録署名人の選任に関する事項

議長は、本総会の議事録署名人につき、議場に立候補を諮ったところ、正会員のうち ○○○○ 及び ○○○○ より挙手があった。そこで両名を本総会の議事録署名人とすることにつき、議場に承認を諮ったところ、満場異議なく、これを承認した。

以上をもって社員総会の議案全部の審議を終了したので、議長は閉会を宣し午前○○時○○分散会した。

上記の議決を明確にするため、議長及び議事録署名人において次に記名押印する。

平成○○年○○月○○日

特定非営利活動法人○○○○ 社員総会

   議長       ○○○○ 
   議事録署名人 ○○○○ 
   議事録署名人 ○○○○ 

社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)

社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)

このページは、NPO法人の主たる事務所の移転登記申請手続きに必要な
「社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。

NPO法人の登記申請手続きと書式は、「社員総会議事録(管轄登記所外への移転・旧所在地用)」の他にも、多数の文例書式を提供しています。

NPO法人の主たる事務所の移転登記申請手続きに必要な書類

■ 管轄登記所外への主たる事務所の移転登記


「主たる事務所の移転登記」

NPO法人が主たる事務所を移転した場合には、移転の日(現実に移転した日)から2週間以内に登記申請しなければなりません。従たる事務所があるNPO法人の場合は、従たる事務所の所在地で、移転の日(現実に移転した日)から3週間以内に登記申請しなければなりません。

「管轄法務局(登記所)」

主たる事務所の移転には、現在の主たる事務所を管轄する法務局(登記所)の管轄内での移転であるか、管轄外への移転であるかによって手続きが異なります。

管轄内での移転の場合は、管轄法務局(登記所)に申請します。

管轄外への移転の場合は、旧管轄法務局(登記所)宛の申請書と、新管轄法務局(登記所)宛の申請書を、同時に、旧管轄法務局(登記所)に提出します。

「定款変更認証申請」

主たる事務所の移転により、所轄庁が変更になる場合は、定款変更の認証を受けなければなりません。

「議事録」

主たる事務所を移転する場合、一般的に社員総会で移転先住所を決定したうえで、理事会で移転日を決定しますが、社員総会において、移転日まで決定する場合もあります。

移転先住所と移転日を総会で決定している場合は、登記の際、理事会議事録の添付は不要です。