定款(理事の辞任に伴う後任者選任)(NPO法人の役員変更登記)の書き方・文例

役員変更登記「定款(理事の辞任に伴う後任者選任)」の書式

NPO法人の役員変更登記「定款(理事の辞任に伴う後任者選任)」の書き方

このページは、NPO法人の役員変更登記申請手続きに必要な
「定款(理事の辞任に伴う後任者選任)」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。


【 書 式 フォーマット 】
定款(理事の辞任に伴う後任者選任)(NPO法人の役員変更)


特定非営利活動法人○○○○定款

第1章 総則

(名称)
第1条
 この法人は、特定非営利活動法人○○○○という。

(事務所)
第2条
 この法人は、主たる事務所を○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号に置く。

第2章 目的及び事業

(目的)
第3条
 この法人は、○○○○に対して、○○○○に関する事業を行い、○○○○に寄与することを目的とする。

(特定非営利活動の種類)
第4条
 この法人は、第3条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1)○○○○活動
(2)○○○○活動

(事業)
第5条
 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
  1 ○○○○事業
  2 ○○○○事業
(2) その他の事業
  1 ○○○○事業
  2 ○○○○事業
2 前項第2号に掲げる事業は、同項第1号に掲げる事業に支障がない限り行うものとし、収益を生じた場合は、同項第1号に掲げる事業に充てるものとする。

第3章 会員

(種別)
第6条
 この法人の会員は、次の○種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法(以下「法」という。)上の社員とする。
(1)正会員この法人の目的に賛同して入会した個人又は団体
(2)賛助会員この法人の事業を賛助する個人又は団体で、理事長が推薦するもの

中略

当法人の定款に相違ありません。
平成○○年○○月○○日
特定非営利活動法人○○○○
理事長   雛形一郎 (法人の実印を押印)

定款(理事の辞任に伴う後任者選任)(NPO法人の役員変更)

定款(理事の辞任に伴う後任者選任)(NPO法人の役員変更)

このページは、NPO法人の役員変更登記申請手続きに必要な
「定款(理事の辞任に伴う後任者選任)」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。

NPO法人の登記申請手続きと書式は、「定款(理事の辞任に伴う後任者選任)」の他にも、多数の文例書式を提供しています。

NPO法人の役員変更登記に必要な書類

■ 理事の辞任に伴い後任者(補欠)を選任した場合


「NPO法人の役員変更登記」

NPO法人の役員には、理事と監事が含まれますが、監事は登記の対象ではありません。よって、理事に関して、次の事由が発生した場合は、変更の登記が必要になります。

 ・住所変更(引越し等)
 ・氏名変更(婚姻等)
 ・就任(新任)
 ・辞任
 ・退任(任期満了でやめること)
 ・解任(やめさせること)
 ・重任(任期満了時に再任すること)
 ・死亡
 ・資格喪失(欠格事由に該当)

NPO法人の役員変更登記は、変更の自由が発生した後、主たる事務所の所在地においては2週間以内に、従たる事務所の所在地においては3週間以内に、管轄の法務局(登記所)で行わなければなりません。

「理事の選任機関」

NPO法人の理事は、社員総会もしくは理事会において選任します。
法人の定款で定めた選任機関で、選任しなければなりません。

「役員の親族制限」

NPO法人は、親族が役員に就任することに関する制限規定があります。
これは、NPO法人の私物化を防ぐためのものです。

・役員総数が6人以上の場合は、役員1人について、その親族(配偶者及び三親等以内の親族)の1人までは役員になることができます。

・役員総数が5人以下の場合は、1人も親族(配偶者及び三親等以内の親族)は役員になることはできません。なお、社員についての制限はありません。

「所轄庁への届出」

NPO法人の役員(理事・監事)に変更があった場合は、所轄庁への届出が必要になります。