委任状(NPO法人設立)の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例

NPO法人設立登記「委任状」の書式フォーマット

NPO法人設立登記「委任状」の書き方

このページは、NPO法人の設立登記申請手続きに必要な
「委任状」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。


【 書 式 フォーマット 】
委任状


委任状

  代理人住所   ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号
  代理人氏名   書式五郎

 私は、上記の者を代理人に定め、次の権限を委任する。

  1 当法人設立登記を申請する一切の件
    認証書の到達年月日 平成○○年○○月○○日
  1 原本還付の請求及び受領の件

 平成○○年○○月○○日

 ○○県○○市○○町○○丁目○○番○○号
 特定非営利活動法人○○○○
  理事 雛形一郎 (法人の実印を押印)

委任状(NPO法人設立登記)

委任状(NPO法人設立登記)

このページは、NPO法人の設立登記申請手続きに必要な
「委任状」の書き方・文例・サンプル・テンプレート・記載例を提供しています。

NPO法人の登記申請手続きと書式は、「委任状」の他にも、多数の文例書式を提供しています。

NPO法人の設立登記に必要な書類

■ NPO法人設立登記申請手続きと書式


「NPO法人の設立登記」

NPO法人(特定非営利活動法人)を設立する場合は、まず、所轄庁(都道府県知事または内閣府)に設立の認証申請を行います。

その後、設立を認証された団体は、組合登記令に基づき、「設立認証書」を受け取った日から2週間以内に、主たる事務所の所在地を管轄する法務局(登記所)において、NPO法人(特定非営利活動法人)の設立の登記をしなければなりません。

設立の登記をすることによって、NPO法人(特定非営利活動法人)として成立することになります。

従たる事務所が存在する場合には、その事務所の所在地を管轄する法務局(登記所)において、設立の登記をしたあと2週間以内に登記する必要があります。

「NPO法人の登記事項」

NPO法人の登記事項は、次のとおりです。従って次の6つの事項を変更した場合には、必ず変更の登記申請をしなければなりません。

・目的及び事業
・名称
・事務所
・代表権を有する者の氏名、住所及び資格(理事全員)
・存立時期又は解散の事由を定めたときは、その時期又は事由
・資産の総額

※ 監事は登記事項ではありません。

上記のほか、合併、解散、清算人の就任又はその変更についても登記申請をしなければなりません。